久が原遺跡(読み)くがはらいせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

久が原遺跡
くがはらいせき

東京都大田区久が原にある弥生時代後期の遺跡。久が原式土器の標式遺跡。湿地浸食谷後背地とした広大な平坦台地に数十集団から成る大集落が営まれ,住居址は数百基に及んでいる。複合口縁に棒状突起と丹彩を施した壺形土器は特徴的である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android