コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久が原遺跡 くがはらいせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

久が原遺跡
くがはらいせき

東京都大田区久が原にある弥生時代後期の遺跡。久が原式土器の標式遺跡。湿地浸食谷後背地とした広大な平坦台地に数十集団から成る大集落が営まれ,住居址は数百基に及んでいる。複合口縁に棒状突起と丹彩を施した壺形土器は特徴的である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

久が原遺跡の関連キーワード東京都大田区久が原

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android