コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久世広当 くぜ ひろまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久世広当 くぜ-ひろまさ

1598-1660 江戸時代前期の武士。
慶長3年生まれ。久世広宣(ひろのぶ)の子。旗本。大坂の陣の功により小姓組番士となる。阿倍四郎五郎らにくみし,河合又五郎をかくまった罪で上野感応寺に謹慎。のちゆるされ鉄砲百人組頭をつとめた。万治(まんじ)3年1月24日死去。63歳。通称は三四郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

久世広当の関連キーワード久世三四郎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android