久世広明(読み)くぜ ひろあきら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久世広明 くぜ-ひろあきら

1732*-1785 江戸時代中期の大名。
享保(きょうほう)16年12月23日生まれ。旗本久世広武の長男。久世暉之(てるゆき)の養子となり,寛延元年下総(しもうさ)関宿(せきやど)藩(千葉県)藩主久世家4代。奏者番,寺社奉行,大坂城代,京都所司代をつとめ,天明元年老中にすすんだ。天明5年1月24日死去。55歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android