コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久代寛斎 くしろ かんさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久代寛斎 くしろ-かんさい

1667-1743 江戸時代前期-中期の儒者。
寛文7年6月生まれ。久代振濯(しんたく)の弟。播磨(はりま)(兵庫県)姫路藩主榊原(さかきばら)家につかえ,転封(てんぽう)により寛保(かんぽう)元年越後(えちご)(新潟県)高田にうつる。兄とともに朱子学を講じた。寛保(かんぽう)3年死去。77歳。名は景寛。通称は弥三郎。著作に「報讐(ほうしゅう)伝聞録」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

久代寛斎の関連キーワード瀬尾昌琢堀越三右衛門クレメンス9世解析学デ・ウィット特権マニュファクチュアドゥブロブニクドライデン木下菊潭津軽采女正

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android