コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木下菊潭 きのした きくたん

1件 の用語解説(木下菊潭の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木下菊潭 きのした-きくたん

1667-1743 江戸時代前期-中期の儒者。
寛文7年生まれ。木下順庵の次男。加賀金沢藩儒。元禄(げんろく)5年から5代将軍徳川綱吉(つなよし)につかえ,12年から宝永6年まで近習(きんじゅう)番。享保(きょうほう)3年湯島聖堂学舎の講師。寛保3年7月5日死去。77歳。名は汝弼。字(あざな)は寅亮。通称は平三郎。別号に竹軒。編著に「骨董(こっとう)録」「莛撞(ていとう)余録」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

木下菊潭の関連キーワード瀬尾昌琢堀越三右衛門浅野長矩江島其磧失楽園奈良利寿ブレダベルヌーイ間部詮房童話集

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone