コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木下菊潭 きのした きくたん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木下菊潭 きのした-きくたん

1667-1743 江戸時代前期-中期の儒者。
寛文7年生まれ。木下順庵の次男。加賀金沢藩儒。元禄(げんろく)5年から5代将軍徳川綱吉(つなよし)につかえ,12年から宝永6年まで近習(きんじゅう)番。享保(きょうほう)3年湯島聖堂学舎の講師。寛保3年7月5日死去。77歳。名は汝弼。字(あざな)は寅亮。通称は平三郎別号に竹軒。編著に「骨董(こっとう)録」「莛撞(ていとう)余録」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android