コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久保太郎右衛門 くぼ たろうえもん

2件 の用語解説(久保太郎右衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久保太郎右衛門 くぼ-たろうえもん

1676-1711 江戸時代前期-中期の治水家。
延宝4年2月24日生まれ。讃岐(さぬき)(香川県)阿野郡(あやぐん)萱原(かやはら)村の庄屋。干害対策に綾川から取水する導水路を計画し,高松藩主に再三直訴し投獄される。のちゆるされ,宝永4年延長約14km,大羽茂(おおはも)池に達する萱原用水を完成させ,約200haの灌漑(かんがい)に成功した。正徳(しょうとく)元年7月22日死去。36歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

久保太郎右衛門

没年:正徳1.7.22(1711.9.4)
生年:延宝4.2.24(1676.4.7)
江戸前期の水利開発者。讃岐国(香川県)高松藩領萱原村の庄屋。旱魃の続く萱原地域の水の確保に努め宝永3(1706)年に綾川から14km余の導水を計画し,自費で測量調査のうえ藩へ直訴,一時捕らえられたが出獄,翌年に萱原掛井手が完成した。<参考文献>杉原重信『偉人久保太郎右衛門

(木原溥幸)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

久保太郎右衛門の関連キーワード青山尚貞大石古閑大岡孚斎大田朴円小野弥助小林久佐志村常仙服部樗洲花井才三郎(2代)松永春門

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone