コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久保田信平 くぼた しんぺい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久保田信平 くぼた-しんぺい

1832-1876 幕末-明治時代の国学者。
天保(てんぽう)3年生まれ。森田節斎儒学を,大国隆正に国学を,藤本鉄石に絵画をまなび,家塾をひらく。明治にはいり,名東(みょうどう)県(徳島県)権中属(ごんのちゅうさかん),第11大区区長,洲本支庁長などをつとめた。明治9年12月27日死去。45歳。淡路(あわじ)(兵庫県)出身。号は南里。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

久保田信平の関連キーワード明治時代国学者

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android