コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久保田日亀(読み)くぼた にちき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久保田日亀 くぼた-にちき

1841-1911 明治時代の僧。
天保(てんぽう)12年生まれ。下総(しもうさ)飯高(千葉県)の檀林(だんりん)でまなび,新居日薩とともに明治期の日蓮宗の基礎をかためる。中山法華経寺,池上本門寺の住職をへて,明治36年日蓮宗管長となる。日蓮宗大学林(現立正大)の創立に力をつくした。明治44年4月13日死去。71歳。駿河(するが)(静岡県)出身。字(あざな)は戒静。号は妙地院。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android