コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久保田金僊 くぼた きんせん

美術人名辞典の解説

久保田金僊

日本画家。京都生。父は日本画家久保田米僊。兄は米斎。本名は吉太郎、のち満昌。京都府画学校を卒業後東京に住し、日清戦争日露戦争では『国民新聞』従軍記者として戦地に赴く。のち日本青年絵画協会・絵画共進会等で活躍。また舞台装置・時代考証等も手掛けた。文展入選。昭和29年(1954)歿、79才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久保田金僊 くぼた-きんせん

1875-1954 明治-昭和時代の日本画家。
明治8年9月19日生まれ。久保田米僊(べいせん)の次男。京都府画学校にまなび,父にも師事。日清(にっしん)・日露戦争では従軍記者として戦争画を制作。大正4年文展に「庭の一隅」が初入選。舞台装置,時代考証でも知られた。昭和29年10月9日死去。79歳。京都出身。本名は吉太郎。著作に「日本のをどり」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

久保田金僊の関連キーワード名取 春仙矢沢弦月新曲浦島名取春仙

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android