コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久右衛門(2) きゅうえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久右衛門(2) きゅうえもん

?-? 江戸時代中期の農民。
能登(のと)(石川県)羽咋郡(はくいぐん)生神(うるかみ)村の肝煎(きもいり)。明和年間に能登沖で沈没した神戸の商船乗組員がすくいをもとめた際に,衣食をあたえるなど援助する。安永3年(1774)村民指導の功によって租税を免除された。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

久右衛門(2)の関連キーワード農民

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android