コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久右衛門(2) きゅうえもん

1件 の用語解説(久右衛門(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久右衛門(2) きゅうえもん

?-? 江戸時代中期の農民。
能登(のと)(石川県)羽咋郡(はくいぐん)生神(うるかみ)村の肝煎(きもいり)。明和年間に能登沖で沈没した神戸の商船乗組員がすくいをもとめた際に,衣食をあたえるなど援助する。安永3年(1774)村民指導の功によって租税を免除された。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

久右衛門(2)の関連キーワード能登能登縮荒田目村喜惣次大津屋新助落合平兵衛河合与三右衛門清水半平高橋重太夫立原音吉熨斗久兵衛