コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

町役 チョウヤク

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐やく〔チャウ‐〕【町役】

町内の住民として果たさなければならない義務やつきあい。まちやく。
「―の野おくりには出ぬ事なりがたし」〈浮・織留・五〉
江戸時代、大坂の町人に賦課された町内の費用。まちやく。
「町役人(ちょうやくにん)」の略。→まちやくにん(町役人)

まち‐やく【町役】

町人に課せられた諸役。金銭的負担と労務的負担とがあり、地主が負担した。
町役人」の略。ちょうやく。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうやく【町役】

日本近世の町人が,その地縁的共同体である(ちよう)を介して勤めた役負担の総称。町役としてくくられる諸負担としては,(1)国家や領主権力への役負担や音信礼,(2)その町人が所属する町の共同体諸経費,(3)当該の町が属する都市の町方全域(惣町)や,その部分(組合町)など,広域の都市行政諸経費などがあるが,本来的には,(1)が町役の原義である。この国家や領主権力への役負担などの中心は,町人足役(ちようにんそくやく)と,伝馬役(てんまやく)とである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうやく【町役】

まちやく【町役】

江戸時代、大坂で、その町の経費をまかなうために町内の住民に課した税。
「町役人」の略。ちょうやく。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の町役の言及

【町役】より

…日本近世の町人が,その地縁的共同体である町(ちよう)を介して勤めた役負担の総称。町役としてくくられる諸負担としては,(1)国家や領主権力への役負担や音信礼,(2)その町人が所属する町の共同体諸経費,(3)当該の町が属する都市の町方全域(惣町)や,その部分(組合町)など,広域の都市行政諸経費などがあるが,本来的には,(1)が町役の原義である。この国家や領主権力への役負担などの中心は,町人足役(ちようにんそくやく)と,伝馬役(てんまやく)とである。…

※「町役」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

町役の関連キーワード中村 歌右衛門(6代目)町役人(ちょうやくにん)岐阜県岐阜市加納本町新潟県佐渡市真野新町高島四郎兵衛(2代)高島四郎兵衛(3代)栃木県栃木市入舟町茨城県笠間市平町久右衛門(1)富山の薬売り永平寺[町]藤田大五郎江戸町年寄駆込み訴えゲベール銃白井 晟一美里[町]東北[町]嶋井宗室往来手形

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android