町役(読み)チョウヤク

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐やく〔チャウ‐〕【町役】

町内の住民として果たさなければならない義務やつきあい。まちやく。
「―の野おくりには出ぬ事なりがたし」〈浮・織留・五〉
江戸時代、大坂の町人に賦課された町内の費用。まちやく。
「町役人(ちょうやくにん)」の略。→まちやくにん(町役人)

まち‐やく【町役】

町人に課せられた諸役。金銭的負担と労務的負担とがあり、地主が負担した。
町役人」の略。ちょうやく。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうやく【町役】

日本近世の町人が,その地縁的共同体である町(ちよう)を介して勤めた役負担の総称。町役としてくくられる諸負担としては,(1)国家や領主権力への役負担や音信礼,(2)その町人が所属する町の共同体諸経費,(3)当該の町が属する都市の町方全域(惣町)や,その部分(組合町)など,広域の都市行政諸経費などがあるが,本来的には,(1)が町役の原義である。この国家や領主権力への役負担などの中心は,町人足役(ちようにんそくやく)と,伝馬役(てんまやく)とである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうやく【町役】

まちやく【町役】

江戸時代、大坂で、その町の経費をまかなうために町内の住民に課した税。
「町役人」の略。ちょうやく。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょう‐やく チャウ‥【町役】

〘名〙
① 町内の住民としての義理やつきあい。町内に一戸をかまえる者に対して課せられた。近世、江戸や大坂などでは、町内見回り、冠婚葬祭などに一軒から必ずひとりは出なければならないなどの義務があった。まちやく。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※浮世草子・西鶴織留(1694)五「いやといはれぬ祝言振舞、町役(ちゃうヤク)の野おくりには出ぬ事成難し」
② 特に、大坂で、各町の費用をその町人に負担させるもの。一軒一役の役割のほか、間口割、坪割、顔割(町人の頭数による)などの方法で徴収された。
※俳諧・大坂独吟集(1675)上「恋衣おもきが上に打かけて 待宵のかねはらふ町役〈素玄〉」
※雑俳・笠付類題集(1834)「耳にたつ町役持ば犬の声」

まち‐やく【町役】

〘名〙
① 町人に課せられた諸役。公役銀、町費など金銭の負担と、自身番・諸行事への出席など労務の負担の両者があり、地主が負担した。ちょうやく。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※歌舞伎・四天王楓江戸粧(1804)二番目「お前も町役(マチヤク)をしながら、あんまり智慧がないぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の町役の言及

【町役】より

…日本近世の町人が,その地縁的共同体である町(ちよう)を介して勤めた役負担の総称。町役としてくくられる諸負担としては,(1)国家や領主権力への役負担や音信礼,(2)その町人が所属する町の共同体諸経費,(3)当該の町が属する都市の町方全域(惣町)や,その部分(組合町)など,広域の都市行政諸経費などがあるが,本来的には,(1)が町役の原義である。この国家や領主権力への役負担などの中心は,町人足役(ちようにんそくやく)と,伝馬役(てんまやく)とである。…

※「町役」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android