コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久志本常範 くしもと つねのり

1件 の用語解説(久志本常範の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久志本常範 くしもと-つねのり

?-1621 織豊-江戸時代前期の医師。
久志本常顕(つねあき)の次男。伊勢神宮の外宮(げくう)権禰宜(ごんのねぎ)。天正(てんしょう)19年(1591)徳川家康の病をなおし,侍医となる。慶長3年徳川秀忠の疱瘡(ほうそう)を全快させ,300石をさずかる。関ケ原の戦いの際には秀忠軍にしたがった。元和(げんな)7年9月14日死去。本姓は度会(わたらい)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

久志本常範の関連キーワード李立卓赤埴安忠阿部春庵岡家重岡寿元岡本玄琳笠原重次津軽建広塙安友吉田林庵

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone