コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久志本常興 くしもと つねおき

1件 の用語解説(久志本常興の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久志本常興 くしもと-つねおき

1532-1598 戦国-織豊時代の医師。
天文(てんぶん)元年生まれ。久志本常辰(つねとき)の子。伊勢神宮の外宮(げくう)権禰宜(ごんのねぎ),神宮医。父とともに織田信長につかえる。天正(てんしょう)12年徳川家康にまねかれて浜松城におもむき,小牧(こまき)・長久手(ながくて)の戦いでは家康にしたがった。慶長3年5月29日死去。67歳。本姓は度会(わたらい)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

久志本常興の関連キーワード太閤検地法華一揆犬筑波集享禄天文石出吉胤フェリペフェリペ安土桃山時代春日山藩

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone