コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久志本常興 くしもと つねおき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久志本常興 くしもと-つねおき

1532-1598 戦国-織豊時代の医師。
天文(てんぶん)元年生まれ。久志本常辰(つねとき)の子。伊勢神宮の外宮(げくう)権禰宜(ごんのねぎ),神宮医。父とともに織田信長につかえる。天正(てんしょう)12年徳川家康にまねかれて浜松城におもむき,小牧(こまき)・長久手(ながくて)の戦いでは家康にしたがった。慶長3年5月29日死去。67歳。本姓は度会(わたらい)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

久志本常興の関連キーワードインカ帝国フランス史(年表)チャップマン太閤検地犬筑波集法華一揆犬筑波集享禄天文ガルガンチュアとパンタグリュエル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android