久我房三(読み)くが ふさぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久我房三 くが-ふさぞう

1854*-1903 明治時代の漢学者,政治家。
嘉永(かえい)6年12月20日備後(びんご)(広島県)に生まれ,のち備中(びっちゅう)(岡山県)小田郡の久我家養子となる。18歳で福山藩藩校誠之館の教授。明治22年岡山県金浦村(笠岡市)村長,のち町長。岡山県農工銀行の創立,山陽商業銀行の経営に参画。明治36年12月27日死去。51歳。名は苗知。号は松谷。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android