コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久楽(2代) きゅうらく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久楽(2代) きゅうらく

?-? 江戸時代後期の陶工。
初代の子とも門人ともいう。天保(てんぽう)7年(1836)和歌山藩の偕楽園(かいらくえん)焼にまねかれ,藩主徳川治宝(はるとみ)より「久楽」印をあたえられた。以来その作は久楽焼とよばれるようになった。姓は木村。通称は弥助(介)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

久楽(2代)の関連キーワード陶工

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android