コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乗専 じょうせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

乗専 じょうせん

1285-1357 鎌倉-南北朝時代の僧。
弘安(こうあん)8年生まれ。禅と天台をおさめるが,のち覚如(かくにょ)に帰依(きえ)して「口伝鈔」「改邪鈔」を伝授される。京都に浄土真宗出雲路派(いずもじは)本山毫摂(ごうしょう)寺をひらき,丹波,但馬(たじま),大和で布教にあたった。延文2=正平(しょうへい)12年6月5日死去。73歳。丹波天田郡(京都府)出身。俗名は高橋盛永。著作に「最須敬重絵詞(さいしゅきょうじゅうえことば)」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

乗専の関連キーワードミッションスペシャリスト南北朝時代末燈鈔毫摂寺善鸞弘安

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android