コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乗専 じょうせん

1件 の用語解説(乗専の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

乗専 じょうせん

1285-1357 鎌倉-南北朝時代の僧。
弘安(こうあん)8年生まれ。禅と天台をおさめるが,のち覚如(かくにょ)に帰依(きえ)して「口伝鈔」「改邪鈔」を伝授される。京都に浄土真宗出雲路派(いずもじは)本山毫摂(ごうしょう)寺をひらき,丹波,但馬(たじま),大和で布教にあたった。延文2=正平(しょうへい)12年6月5日死去。73歳。丹波天田郡(京都府)出身。俗名は高橋盛永。著作に「最須敬重絵詞(さいしゅきょうじゅうえことば)」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

乗専の関連キーワード乾峰士曇武藤景泰少弐景資安達泰盛京都銀行自立支援医療制度ツォンカパ方孝孺文観楠木正儀

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone