コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乙巳の士禍 いつしのしかǓlsa sahwa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乙巳の士禍
いつしのしか
Ǔlsa sahwa

朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) の明宗1 (1545) 年,乙巳の年に王の外戚たちが争いの中心となって起った士禍中宗 (在位 1506~44) の長子こう (のちの仁宗) と次子こう (のちの明宗) との王位継承をめぐって,尹任 (いんにん) 一派 (大尹) と尹元衡 (いんげんこう) 一派 (小尹) の対立があった。中宗が死去して仁宗が即位するや尹任一派は勢力を得たが,仁宗はわずか在位8ヵ月で死去した。明宗 (当時 12歳) が即位したのを契機に,勢力を得た明宗の外戚である尹元衡一派が仁宗の外戚である尹任一派を除去するために,誣告 (ぶこく) して尹仁一家とその一派である貴族数十名を処刑した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

乙巳の士禍の関連キーワード党争

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android