コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

枕物狂 マクラモノグルイ

デジタル大辞泉の解説

まくらものぐるい〔まくらものぐるひ〕【枕物狂】

狂言。祖父が若い娘に恋をし、をつけたを持って狂乱するので、孫が娘を連れてくる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

まくらものぐるい【枕物狂】

狂言の曲名。雑狂言。大蔵,和泉両流にある。百歳を超えた祖父(おうじ)が,近ごろ恋に悩むという噂なので,2人の孫は,それが事実ならかなえさせたいと,祖父を訪問して,ことの真相を尋ねる。初めは隠していた祖父も,ついに,秘めた恋の相手は先月の地蔵講頭人(とうにん)であった刑部(ぎようぶ)三郎の娘おとであると告白する。孫の1人がおとを連れてきて祖父に引き合わせる。祖父は老いの恥をさらした恨み言を謡に託して言うものの,喜びは隠しきれずに,おとと連れ立って幕に入る。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

まくらものぐるい【枕物狂】

狂言の一。高齢の老人が地蔵講の頭人の娘に恋をして錯乱の体となり、枕を笹につけて肩にし、謡をうたい、最後に娘と結ばれる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

枕物狂
まくらものぐるい

狂言の曲名。女狂言。百年(ももとせ)にあまる祖父(おおじ)が恋をしているとの噂(うわさ)が真実らしいので、孫2人がようすを見に行く。枕を結び付けた笹(ささ)をかたげ、「枕ものにや狂うらん……」と謡いながら現(うつつ)ない体(てい)で出てきた祖父(シテ。祖父の面を着用)に、恋をしておられるとのことだがと尋ねると、祖父は、恋とは若者のすることだとしらを切り、かえって志賀寺の上人(しょうにん)や柿(かき)の本の紀僧正(きそうじょう)の恋の恐ろしい昔物語をしているうちに、知らず知らず「祖父もこの恋かなわずは、いかなる井戸の中、溝(みぞ)の底へも身を投げ……」と恋心を謡い上げてしまう。もはや隠し立てもできず、先月の地蔵講のおりに刑部(ぎょうぶ)三郎の娘乙(おと)の可憐(かれん)さに魅せられた一部始終を話し謡っている間に、孫の1人が乙(おと)(乙の面を着用)を連れてくる。祖父は喜び、乙と連れ立って入っていく。老醜をさらす祖父の恋を、艶冶(えんや)なムードを漂わせ、しかも上品に演じなければならないところに、むずかしさがある。[小林 責]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

枕物狂の関連キーワード茂山 忠三郎(2代目)茂山 千作(2代目)茂山 千作(3代目)和泉 元秀ふっつりしっくり狂言小歌おまらす乙御前狂乱物したり小林女物錯乱軽忽狂言

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

枕物狂の関連情報