コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三平二満 サンペイジマン

2件 の用語解説(三平二満の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さんぺい‐じまん【三平二満】

《「三」「二」は少ない意。三でも平安、二でも満足の意からという》十分に満たされてはいなくても、心が安らかで満足していること。
額・鼻・あごの三つが平らで、両のほおがふくらんでいる顔。器量のよくない女の形容としていう語。おたふく。おかめ。
「―の口紅、しなだれかかる会釈顔」〈浄・反魂香

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さんぺいじまん【三平二満】

〔「三」 「二」は数が少ないこと〕 心が平らかで諸事に満足していること。
額と鼻とあごが平らで、両方のほおが膨れている顔。おかめ。おたふく。 「 -の口紅しなだれかかる会釈顔/浄瑠璃・反魂香」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone