コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乙武洋匡 おとたけひろただ

2件 の用語解説(乙武洋匡の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

乙武洋匡

日本の作家。1976年4月6日、東京都生まれ。生まれつき両手両足がなく、電動車椅子を使用する。障害を持つ自身の体験をつづった『五体不満足』(講談社)の著者として注目された後、スポーツライター小学校教員を経て、近年は教育現場での経験や子どもたちへのメッセージを様々なメディアで発信している。2013年2月から東京都教育委員
早稲田大学在学中の1998年に出版した『五体不満足』は、周囲に支えられて障害をあまり苦にせずに育ったという幼少期からの暮らしぶりや学生生活が描かれ、580万部のベストセラーになった。その後、ニュース番組のサブキャスターやスポーツ雑誌のライターなどを経験したが、少年による殺傷事件が相次いだことに心を痛め、自らの能力を生かした社会貢献をしようと教育活動に関わるようになった。2005年から新宿区教育委員会非常勤職員「子どもの生き方パートナー」を務め、07年には小学校教諭二種免許状を取得し、10年までの3年間、公立小学校に教員として勤務した。また、保育園の経営にも携わっている。このような様々な経験や取材を基に講演や執筆活動を精力的に行い、「みんな違っていい」ということなどを伝えようとしている。教員時代の経験を基に描いた自伝的小説『だいじょうぶ3組』(講談社)は映画化され、自身をモデルとする教員役を演じた。映画は、廣木隆一監督、国分太一主演で、13年3月に公開される。ほかに、『だから、僕は学校へ行く!』、『希望 僕が被災地で考えたこと』(いずれも講談社)などの著書がある。

(原田英美  ライター / 2013年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

乙武洋匡 おとたけ-ひろただ

1976- 平成時代のスポーツライター。
昭和51年4月6日生まれ。早大在学中の平成10年,障害者としての自身の体験を「五体不満足」として出版し,470万部を越えるベストセラーとなる。翌年「乙武レポート」を刊行。その後スポーツライターとして活躍。19年小学校教諭二種免許状を取得して小学校に勤務。東京出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

乙武洋匡の関連キーワード浅田鶴文ドゥーマファンキー加藤京都府開庁記念日ザ・カゲスタービヤホールの日プルルくん東京遷都残留孤児・婦人訴訟判決《近代日本の作家と作品》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

乙武洋匡の関連情報