コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九九式軽機関銃 きゅうきゅうしきけいきかんじゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

九九式軽機関銃
きゅうきゅうしきけいきかんじゅう

旧日本軍の軽機関銃。 1939年制式採用。太平洋戦争中,全戦線で使用された。南部麒次郎の九六式軽機関銃の改良型である。口径 7.7mm,全長 1190mm,重量 11.4kg,箱弾倉 30発,発射速度毎分 800発。特徴は,(1) 軽量,(2) 銃身の取替えが容易,(3) 携帯のために銃身に提把をつけた,(4) 弾倉が扇形で弾の配列がよくなった,などであった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

九九式軽機関銃の関連キーワード斎藤寅次郎久松静児マキノ雅広吉村公三郎大庭秀雄清水宏森一生第2次世界大戦恐怖映画田坂具隆

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android