コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九十九髪/江浦草髪 ツクモガミ

デジタル大辞泉の解説

つくも‐がみ【九九髪/江草髪】

老女の白髪、また、その老女をいう。
「百年(ももとせ)に一年(ひととせ)たらぬ―我を恋ふらし面影に見ゆ」〈伊勢・六三〉
[補説]白髪が水草のツクモに似ているところからいう。また一説に、「百年に一年たらぬ」とあるところから、「つくも」を九十九の意とし、これを「百」の字に一画たりない「白」の字に代用し、白髪を「つくも(十九)髪」といったとも。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つくもがみ【九十九髪】

老女の白髪。 〔水草ツクモに似ているからとも、また伊勢物語の歌「百年ももとせに一年ひととせたらぬ-我を恋ふらし面影に見ゆ」から九十九を「百」の字に一画足りない「白」として白髪にたとえることからともいう〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

九十九髪/江浦草髪の関連キーワード伊勢物語

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android