九十九髪/江浦草髪(読み)ツクモガミ

デジタル大辞泉の解説

つくも‐がみ【九九髪/江草髪】

老女の白髪、また、その老女をいう。
「百年(ももとせ)に一年(ひととせ)たらぬ―我を恋ふらし面影に見ゆ」〈伊勢・六三〉
[補説]白髪が水草のツクモに似ているところからいう。また一説に、「百年に一年たらぬ」とあるところから、「つくも」を九十九の意とし、これを「百」の字に一画たりない「白」の字に代用し、白髪を「つくも(十九)髪」といったとも。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つくもがみ【九十九髪】

老女の白髪。 〔水草ツクモに似ているからとも、また伊勢物語の歌「百年ももとせに一年ひととせたらぬ-我を恋ふらし面影に見ゆ」から九十九を「百」の字に一画足りない「白」として白髪にたとえることからともいう〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

つくも‐がみ【九十九髪】

〘名〙 (白髪のようすが植物の「つくも」に似ているところからという。「九十九」という表記は、「百」の字から一画とりされば「白」の字となり、百から一をとると九十九になることによる) 老女の白髪のこと。また、その人。つくも。
伊勢物語(10C前)六三「百年(ももとせ)に一年(ひととせ)たらぬつくもかみ我を恋ふらし面影に見ゆ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android