コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通る/徹る/透る トオル

デジタル大辞泉の解説

とお・る〔とほる〕【通る/徹る/透る】

[動ラ五(四)]

㋐物を貫いて反対側に至る。「串が―・る」
㋑一方の口から差し入れて他方の口に出る。「袖に手が―・る」
㋒まんべんなくゆきわたる。「肉に火が―・る」
㋓二点間を結ぶ道筋ができる。「高速道路が―・る」
㋔まっすぐな筋目が立つ。「柾目(まさめ)が―・る」
人や車が行き来する。「絶え間なく車が―・る」

㋐ある場所を過ぎる。「海辺を―・る」「東京を―・って仙台に行く」
㋑(人が)屋内や室内に進み入る。「座敷に―・る」
㋒料理店などで、客の注文が帳場に取り次がれる。

㋐認められて成り立つ。「法案が―・る」「願いが―・る」
㋑矛盾がなくて内容が理解できる。「理屈が―・っている」
㋒とがめられずに受け入れられる。「無理が―・る」
㋓それなりに通用する。「頑固者で―・る」
㋔遠くまで伝わる。「よく―・る声」
㋕評判になる。「名の―・った店」
相手に通ずる。
「おのづから本意―・らぬこと多かるべし」〈徒然・一四一〉
[可能]とおれる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

通る/徹る/透るの関連キーワードグリニッジ時出力チャネル辻褄が合うペアノ曲線崖道・崖路通りすがり立体回路磁気機雷球面収差筋が立つ罷り通る本町通り通り掛け光信号長半径方位角筑紫路通行人御成道青崩峠

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android