通る/徹る/透る(読み)トオル

デジタル大辞泉の解説

とお・る〔とほる〕【通る/徹る/透る】

[動ラ五(四)]

㋐物を貫いて反対側に至る。「串が―・る」
㋑一方の口から差し入れて他方の口に出る。「袖に手が―・る」
㋒まんべんなくゆきわたる。「肉に火が―・る」
㋓二点間を結ぶ道筋ができる。「高速道路が―・る」
㋔まっすぐな筋目が立つ。「柾目(まさめ)が―・る」
人や車が行き来する。「絶え間なく車が―・る」

㋐ある場所を過ぎる。「海辺を―・る」「東京を―・って仙台に行く」
㋑(人が)屋内や室内に進み入る。「座敷に―・る」
㋒料理店などで、客の注文が帳場に取り次がれる。

㋐認められて成り立つ。「法案が―・る」「願いが―・る」
㋑矛盾がなくて内容が理解できる。「理屈が―・っている」
㋒とがめられずに受け入れられる。「無理が―・る」
㋓それなりに通用する。「頑固者で―・る」
㋔遠くまで伝わる。「よく―・る声」
㋕評判になる。「名の―・った店」
相手に通ずる。
「おのづから本意―・らぬこと多かるべし」〈徒然・一四一〉
[可能]とおれる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android