コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九条良平 くじょう よしひら

2件 の用語解説(九条良平の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

九条良平 くじょう-よしひら

1184-1240 鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
元暦(げんりゃく)元年生まれ。九条兼実(かねざね)の子。兄良経(よしつね)の養子。元久元年参議。嘉禎(かてい)4年従一位,太政大臣にすすむが,翌年病気のため出家。歌が「新古今和歌集」以下の勅撰集にはいっている。延応2年3月17日死去。57歳。通称は醍醐(だいご)太政大臣。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

九条良平

没年:仁治1.3.17(1240.4.10)
生年:元暦1(1184)
鎌倉時代の公卿。父は関白兼実,母は藤原頼輔の娘で皇嘉門院女房。異母兄良経の猶子。暦仁1(1238)年太政大臣従一位。翌年出家。御願所に因み醍醐太政大臣と号される。和歌に長じ『新古今集』以下の勅撰集に20首入集。『民経記』は漢学に暗いと評す。

(今村みゑ子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

九条良平の関連キーワード元暦仁治九条良平藤原秀能藤原秀能一条忠頼今井兼平佐々木秀義関兼衡平敦盛

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone