コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九条良平 くじょう よしひら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

九条良平 くじょう-よしひら

1184-1240 鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
元暦(げんりゃく)元年生まれ。九条兼実(かねざね)の子。兄良経(よしつね)の養子。元久元年参議。嘉禎(かてい)4年従一位,太政大臣にすすむが,翌年病気のため出家。歌が「新古今和歌集」以下の勅撰集にはいっている。延応2年3月17日死去。57歳。通称は醍醐(だいご)太政大臣。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

九条良平

没年:仁治1.3.17(1240.4.10)
生年元暦1(1184)
鎌倉時代公卿。父は関白兼実,母は藤原頼輔の娘で皇嘉門院女房。異母兄良経の猶子暦仁1(1238)年太政大臣従一位。翌年出家。御願所に因み醍醐太政大臣と号される。和歌に長じ『新古今集』以下の勅撰集に20首入集。『民経記』は漢学に暗いと評す。

(今村みゑ子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

九条良平の関連キーワード藤原良平淡輪氏最源没年

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android