九輪草(読み)クリンソウ

  • くりんそう ‥サウ
  • くりんそう〔サウ〕
  • 九輪草 (クリンソウ)

デジタル大辞泉の解説

サクラソウ科の多年草。山間の湿地に生える。葉は根生し、長楕円形で縁にぎざぎざがある。初夏、長い柄を伸ばし、紅紫色の花を数層に輪生する。観賞用に栽培。 夏》「―四五りん草で仕廻ひけり/一茶

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 サクラソウ科の多年草。北海道、本州、四国の山地の湿地に生え、観賞用に栽培することもある。葉は多数根生し、長さ一〇~二〇センチメートルになる長楕円形で、縁には不規則な鋸歯(きょし)がある。初夏、葉間から高さ四〇~八〇センチメートルになる花茎をのばし、その上部に紅紫色で先が五裂した筒状花を数段に輪生する。しちじゅうそう。しちかいそう。《季・春‐夏》 〔俳諧・毛吹草(1638)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

九輪草の関連情報