コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳つけ ちつけ

世界大百科事典 第2版の解説

ちつけ【乳つけ】

生児に初めて乳をつけること。古くは生後初めて授乳する前に,胎毒おろしといって,マクリ(海人草),フキの根,甘草などを煎じたものを飲ませる風があった。またカニババ(胎便)が出るまでは授乳せず,砂糖水,番茶などを綿にふくませて吸わせた。最初の母乳はアラチチ(新乳)といって,よくないとして与えず,また母乳の出も悪いので,生後2日間くらいは他人の乳を用いる風習が昭和10年ころまでひろく行われていた。生児が男なら女児をもつ人,女なら男児をもつ人にたのむ場合が多く,チアワセ(乳合せ),アイチチなどとよんでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の乳つけの言及

【育児】より

…とくに生後3~7日目まではその心配が最も大きく,三日祝や七夜は生児がこの世に生存するか否かの第一段階ともみられた。生後すぐはぼろにくるみ,胎毒下しと称してマクリなどを飲ませておき,三日祝のときに産着を着せ,同じころに産をした異性の子をもつ人の乳を〈乳つけ〉として与えてもらった。乳つけは他人の乳の呪力によって,子の幸福を願う多分に呪術的なものであった。…

【乳母】より

…いっぽう庶民の間ではこれとは別に,やはり母乳の不足に原因をもたないもらい乳の風習があった。乳つけとか乳あわせといって,子どもが生まれてはじめてのむ乳を,最初の1回だけあるいははじめの数日間,他人の乳であてる風習である。このとき,生児とは反対の性の子どもの母親にその役をたのむという点は全国でほぼ共通していた。…

※「乳つけ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

乳つけの関連情報