コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

親子成り おやこなり

大辞林 第三版の解説

おやこなり【親子成り】

親子関係でない者が、命名・成人・結婚などの機会に仮の親子関係を取り結ぶこと。名付け親・烏帽子えぼし親・仲人親など。 → 擬制親族

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おやこなり【親子成り】

親子関係にない者が一定の手続を経て親子関係に類似した関係をとり結ぶことを一般に親子成りといい,親子成りによって成立する関係を仮の親子関係,親分・子分関係,擬制的親子関係,儀礼的親子関係などと一般的によんでいる。また,この関係における親を仮親という。親子成りによって設定されるのは法的な親子関係とは異なるから,養子縁組による養親子関係とは社会的意義が全く異なる。 親子成りが行われる契機には二つあり,第1は出産,命名,成人,結婚など通過儀礼の諸段階に行われるものであり,こうしてとった親に取上親名付親,元服親,仲人親などがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

親子成りの関連キーワード養い親・養い子親方・子方擬制親族

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android