コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳頭異常分泌と対策 にゅうとういじょうぶんぴつとたいさく

家庭医学館の解説

にゅうとういじょうぶんぴつとたいさく【乳頭異常分泌と対策】

 乳頭から乳汁(にゅうじゅう)様、漿液(しょうえき)性、膿(のう)様、血性などのいろいろな分泌物が出てきて、量は少なくても、あるいは押しつけなくても自然に毎日下着を汚すような場合を、乳頭異常分泌といいます。
 乳頭異常分泌は、乳腺(にゅうせん)疾患全体の5%にみられます。原因疾患としては乳腺症(「乳腺症」)、乳管内乳頭腫(にゅうかんないにゅうとうしゅ)(「乳管内乳頭腫」)、乳がん(「乳がん」)などがあります。
 乳頭異常分泌でもっとも問題となるのが、乳がんや乳管内乳頭腫などの、乳管内上皮(じょうひ)の増殖病変の症状であることが多い血性分泌(けっせいぶんぴつ)です。とくに、乳頭異常分泌のうち、血性分泌がある場合を出血性乳房(しゅっけつせいにゅうぼう)といいます。全乳がん中、血性、漿液性の乳頭異常分泌がみられるのは約5%程度ですが、そのうちの半分以上は血性分泌です。
 分泌物に対しては、まず潜血反応(せんけつはんのう)を調べ、つぎに分泌物の中の異型細胞や悪性細胞の有無を、塗沫細胞診(とまつさいぼうしん)で調べます。また、分泌物内の腫瘍(しゅよう)マーカーをCEA簡易測定キットで測定すると、乳がんのときにはきわめて上昇しているのがわかります。
 血性などの分泌物が出ている乳管口から造影剤を注入し、X線撮影をする乳管造影を行なって、乳管内の病巣の部位や状態を確かめる方法もあります。この乳管造影で発見される乳がんの多くは、乳管内進展型の早期乳がんで、非浸潤(ひしんじゅん)がん、触知不能がん、微小がんです。また最近では、乳管内視鏡検査を行なうこともあります。
 さらに、血性分泌があって、前記の各種検査で診断がつかない場合は、分泌物が出ている乳管開口部から色素液を注入し、色素を目印に乳管が所属する腺葉(せんよう)を部分的に切除して病理組織検査を行ないます。この検査で、乳管内進展型の早期乳がん(非浸潤がん、触知不能がん、微小がん)が発見されることが多くあります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android