コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳管内乳頭腫 にゅうかんないにゅうとうしゅ Intraductal Papilloma

1件 の用語解説(乳管内乳頭腫の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

にゅうかんないにゅうとうしゅ【乳管内乳頭腫 Intraductal Papilloma】

[どんな病気か]
 乳頭近くの比較的太い乳管に発生することが多い病気ですが、末梢(まっしょう)乳管から発生することもあります。
 これは、乳管内の細胞が乳頭状に増殖している状態で、乳腺症(にゅうせんしょう)(「乳腺症」)の一部的症状です。
 乳管内乳頭腫は良性の腫瘍(しゅよう)ですが、乳がん(「乳がん」)との関連が深いことがわかっています。
[症状]
 おもな症状は乳頭からの異常分泌(ぶんぴつ)で、しこりを触れることは比較的少ないものです。
 分泌物の性状は、血性のことが50%、ねばりけの少ない漿液(しょうえき)性のことが50%で、水のように透明なこともあります。ふつう、分泌物が下着に付着することで気がつきます。
[検査と診断]
 乳管内乳頭腫は、外見からはわかりませんが、乳頭から出てくる異常分泌物の細胞診を行なうと、多数の細胞が群れをなして認められることから、その存在がわかります。
 確実に診断するには、乳管造影を行ないます。これは、分泌物が出ている乳管開口部から造影剤を注入し、レントゲン撮影を行なうものです。
 乳管内乳頭腫があると、造影欠損像、乳管の閉塞(へいそく)像、拡張像、狭窄(きょうさく)像、断裂像、走行異常などが写りますので、かなり小さいものでも発見することができます。
 また最近では、乳管内視鏡を使った診断も行なわれるようになってきています。
[治療]
 血性分泌(血液のまじった分泌物)がある場合は、乳管がんとの鑑別がたいせつです。
 鑑別のためには、分泌物が出ている乳管開口部から、インジゴカルミンなどの色素液を注入しておき、乳管乳頭腫のある乳腺葉(にゅうせんよう)を、色素を目印にして切除し、病理組織検査を行なって、良性か悪性かを調べます。
 つまり、治療と検査をかねて乳腺葉を切除するわけです。
 乳管内乳頭腫は、乳がんとの関連が深い病気ですから、乳頭の異常分泌に気づいたら、必ず乳腺専門の外科の医師の診察を受けておきましょう。
 また、再発も多いので、治療後も指示された検査はかかさず受けることが必要です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

乳管内乳頭腫の関連キーワード暖海何心地比較的不死身プリマドンナ病は気から軽砲糸状乳頭ビンナガマグロ精神耗弱指数

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone