コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳管内乳頭腫 にゅうかんないにゅうとうしゅIntraductal Papilloma

家庭医学館の解説

にゅうかんないにゅうとうしゅ【乳管内乳頭腫 Intraductal Papilloma】

[どんな病気か]
 乳頭近くの比較的太い乳管に発生することが多い病気ですが、末梢(まっしょう)乳管から発生することもあります。
 これは、乳管内の細胞が乳頭状に増殖している状態で、乳腺症(にゅうせんしょう)(「乳腺症」)の一部的症状です。
 乳管内乳頭腫は良性の腫瘍(しゅよう)ですが、乳がん(「乳がん」)との関連が深いことがわかっています。
[症状]
 おもな症状は乳頭からの異常分泌(ぶんぴつ)で、しこりを触れることは比較的少ないものです。
 分泌物の性状は、血性のことが50%、ねばりけの少ない漿液(しょうえき)性のことが50%で、水のように透明なこともあります。ふつう、分泌物が下着に付着することで気がつきます。
[検査と診断]
 乳管内乳頭腫は、外見からはわかりませんが、乳頭から出てくる異常分泌物の細胞診を行なうと、多数の細胞が群れをなして認められることから、その存在がわかります。
 確実に診断するには、乳管造影を行ないます。これは、分泌物が出ている乳管開口部から造影剤を注入し、レントゲン撮影を行なうものです。
 乳管内乳頭腫があると、造影欠損像、乳管の閉塞(へいそく)像、拡張像、狭窄(きょうさく)像、断裂像、走行異常などが写りますので、かなり小さいものでも発見することができます。
 また最近では、乳管内視鏡を使った診断も行なわれるようになってきています。
[治療]
 血性分泌(血液のまじった分泌物)がある場合は、乳管がんとの鑑別がたいせつです。
 鑑別のためには、分泌物が出ている乳管開口部から、インジゴカルミンなどの色素液を注入しておき、乳管乳頭腫のある乳腺葉(にゅうせんよう)を、色素を目印にして切除し、病理組織検査を行なって、良性か悪性かを調べます。
 つまり、治療と検査をかねて乳腺葉を切除するわけです。
 乳管内乳頭腫は、乳がんとの関連が深い病気ですから、乳頭の異常分泌に気づいたら、必ず乳腺専門の外科の医師の診察を受けておきましょう。
 また、再発も多いので、治療後も指示された検査はかかさず受けることが必要です。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

乳管内乳頭腫の関連キーワード乳頭異常分泌と対策乳腺腫瘍

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android