乾燥卵(読み)かんそうらん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乾燥卵
かんそうらん

液卵を乾燥したもの。全卵乾燥品,卵白乾燥品,卵黄乾燥品がある。運搬や保存に便利で,大規模な調理の材料あるいは製菓その他の2次加工原料として利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かんそう‐たまご カンサウ‥【乾燥卵】

〘名〙 鶏卵の中身を凍結乾燥して粒状にしたもの。昭和一七年(一九四二)戦時の配給食品に加えられて普及した。乾燥鶏卵。かんそうらん。
※父の詫び状(1978)〈向田邦子〉卵とわたし「切ない思い出は何といっても戦争中の乾燥卵であろう」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android