乾麺(読み)カンメン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乾麺
かんめん

小麦粉の中力粉を材料として、これに適量の水を加えてよくこね、線状にして乾燥させたもの。乾麺は太さ、形態により名称が異なる。ごく細いのをそうめん、やや太いのが冷や麦、さらに太いのをうどんといっているが、かならずしもこの区分に入らないものもある。たとえば、日光そうめんはうどんとほとんど同じ太さであるし、名古屋名物のきしめんも乾麺の一種である。乾麺をゆでるには、沸騰した湯5カップに対して塩大さじ1杯の割合で加え、その中に麺を入れ、ふたたび沸騰したときに差し水少々を注ぎ、この操作を3回繰り返す。[多田鉄之助]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

かん‐めん【乾麺】

〘名〙 干した麺類。干してかたくしたうどん、そうめんなど。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

HUAWEI

スマートフォン、タブレット、PC等のハードウエア製造、販売の他、通信事業者向けネットワーク事業も手掛ける中国の民間企業。1987年に中国深●(しんせん)で設立された。中国語表記では「華為技術」。200...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

乾麺の関連情報