コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀屋栄任 かめやえいにん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

亀屋栄任
かめやえいにん

[生]?
[没]元和2(1616).8.26.
安土桃山~江戸時代初期の京都の呉服商。本姓比鷲見 (ひすみ) 。本能寺の変のとき,徳川家康の伊賀越えに随従し,家康との関係で富を築いた。京都の町支配にもあずかり,また朱印船 (→朱印船貿易 ) を出したこともある。慶長年間 (1596~1615) を通じて家康の側近であり,金地院崇伝との関係も深い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

亀屋栄任 かめや-えいにん

?-1616 織豊-江戸時代前期の豪商。
京都で呉服商をいとなみ,徳川家康に接近し,政商として活躍。天正(てんしょう)10年(1582)本能寺の変の際,堺に滞在中の家康に事件を知らせたという。朱印船貿易もおこなった。元和(げんな)2年8月26日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

亀屋栄任の関連キーワード金地院崇伝呉服師豪商

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android