コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

崇伝 すうでん

百科事典マイペディアの解説

崇伝【すうでん】

以心崇伝(いしんすうでん)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

すうでん【崇伝】

1569~1633) 江戸初期の臨済宗の僧。字あざなは以心。勅号は円照本光国師。一色秀勝の子。南禅寺の玄圃に師事し、のち同寺住持として金地院に住した。徳川家康以下三代の将軍の信任を得て僧録司となり、宗教行政・外交に従事、諸法度の制定にも参画した。著「異国日記」「本光国師日記」など。金地院崇伝。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

崇伝
すうでん

[生]永禄12(1569).京都
[没]寛永10(1633).1.20. 江戸
江戸時代初期の臨済宗の僧。字は以心。生前の諡号を円照本光国師という。一色秀勝の子。南禅寺の玄圃に師事し,のち鎌倉禅興寺,金地院 (こんちいん) ,建長寺などに住んで,豊臣秀吉の朝鮮出兵の際は名護屋で外交にあたった。慶長 10 (1605) 年 37歳のとき南禅寺再興に尽力。その後,徳川家康に信任されて同 13年駿府に招かれ外交事務にあたり,政治面に大いに腕をふるって「黒衣の宰相」といわれた。元和5 (19) 年9月僧録司となり,江戸にも金地院を建てて住んだ。3代の将軍に仕えて,寺院関係の事務を司るほか,公家,武家,寺院に関する諸法度の起草にもあたった。また古書の謄写,収集,翻刻など文教の興隆,朝幕関係の交渉などに尽力した。寛永3 (26) 年 10月,後水尾天皇から円照本光国師の号を賜わった。『本光国師日記』『異国日記』がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

崇伝
すうでん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の崇伝の言及

【金地院】より

…京都市左京区にある臨済宗南禅寺の塔頭(たつちゆう)。徳川家康の側近として幕府の政治の枢機に列した黒衣(こくえ)の宰相,以心崇伝が住んだ寺である。当寺は,古く室町時代,南禅寺の住持だった大業徳基によって洛北の鷹峯に開創されたというが,そののち衰微し,崇伝が南禅寺の住持となった1605年(慶長10)ごろに,崇伝によって現地に移され復興した。…

【本光国師日記】より

…臨済僧以心崇伝(いしんすうでん)(本光国師)の日記。47冊。…

※「崇伝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

崇伝の関連キーワード禁中並公家諸法度異国渡海御朱印帳塵を望んで拝す木屋弥三右衛門異国御朱印帳後水尾天皇翰林五鳳集武家諸法度最岳元良亀屋栄任寺院法度紫衣事件寺社奉行八窓席僧録司政治面名護屋南禅寺駿河版翻刻

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

崇伝の関連情報