コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀田次郎 かめだ じろう

2件 の用語解説(亀田次郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

亀田次郎 かめだ-じろう

1876-1944 明治-昭和時代前期の国語学者。
明治9年生まれ。37年国語調査委員会嘱託となり,音韻の分布や口語法を調査した。のち第七高等学校,大阪外国語学校,大谷大などの教授を歴任。古辞書や韻書を収集し,紹介した。昭和19年死去。69歳。兵庫県出身。東京帝大卒。著作に「国語学概論」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

亀田次郎
かめだじろう
(1876―1944)

国語学者。兵庫県曽根(そね)町に生まれる。1903年(明治36)東京帝国大学文科大学国文学科卒業。翌年から07年まで国語調査委員会嘱託として、「音韻調査報告書」「音韻分布図」「口語法調査報告書」「口語法分布図」の編集に携わり、その後旧制第七高等学校教授、大谷大学教授などを務めた。国語学史の分野に造詣(ぞうけい)が深く、とくに古辞書、韻書などの研究に多くの業績を残した。なお、「帝国百科全書」中の『国語学概論』(1909)は本邦最初の国語学概説書である。[沖森卓也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

亀田次郎の関連キーワードもの派秋月の乱スラブ音楽アフリカ文学東海道本線トルコ文学三井財閥沖縄戦カリブ文学直木賞

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone