コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口語法 こうごほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

口語法
こうごほう

(1) 話し言葉の文法,(2) 現代日本語の,話し言葉を基盤として確立している標準語の書き言葉 (口語文という) の文法,の2つの意味で用いられるが,(2) のほうが普通。 (1) の意味での純粋な話し言葉の文法の記述はあまり進んでいないが,方言文法と呼ばれているものは実質的にこれを目指している。 (2) の研究・教育は 20世紀に入って始り,国語調査委員会編の『口語法』 (1916) ,『口語法別記』 (17) が刊行された。現在一般に学校教育に取入れられているのは,橋本進吉の文法論に基づくものである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こうご‐ほう〔‐ハフ〕【口語法】

口語文法

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こうごほう【口語法】

国語調査委員会(1902年文部省に設置)編纂の文法書。大槻文彦が立案起草し,委員会の審議および上田万年以下の特別委員の整理を経て,1907年に成り16年に公刊された。これは1900年前後の言文一致運動および03年以後の口語法に関する全国的調査(1906年《口語法調査報告書》,1907年《口語法分布図》が刊行された)と相応ずるものであって,全国共通語としての口語の文法を確立する試みの一つであった。もと音,語,文の3部から成るというが,公にされたのは語の部のみである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone