コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

了明尼 りょうみょうに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

了明尼 りょうみょうに

1294-1376 南北朝時代の尼僧。
永仁(えいにん)2年3月生まれ。真宗仏光寺派仏光寺7世了源の妻。8世をついだ長男の源鸞(げんらん)の死後9世となり,のち次男の唯了に10世をゆずった。永和2=天授2年1月23日死去。83歳。俗名順子

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

了明尼

没年:永和2/天授2.1.23(1376.2.13)
生年:永仁2.3(1294)
南北朝時代の真宗の尼。同宗仏光寺派8世宗主で,同7世了源 の妻。9世源鸞,10世唯了 の生母。出自は不明。仏光寺教団は,道場(寺院)経営を夫が「坊主」,妻が「坊守」という方法をとっていたため,了明尼は中興の祖とされる了源と共に形成期の教団を支える。夫の没(1336)後,後家尼として住持を勤めた。8世に就いたことについて,同寺伝では,9世源鸞の病弱を理由にあげるが,源鸞,唯了が元服(成人)前後の年齢であったため,「坊守」が住持になったと思われる。尼が一教団の実質上の宗主を勤めた点は注目される。了明尼が宗主在任中に教団が拡大したためか,文和1/正平7(1352)年に,延暦寺大衆が祇園社に仏光寺の破却を命じるという事件が起きた。<参考文献>平松令三『真宗史論攷』

(遠藤一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

了明尼の関連キーワード尼僧

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android