了然(読み)りょうねん

朝日日本歴史人物事典「了然」の解説

了然

生年:生没年不詳
鎌倉前期の曹洞宗。宋から帰国後の道元が深草安養院に隠棲していた寛喜3(1231)年ごろ,その門下に入った。曹洞宗で最初の尼とされ,道元から女性の身で「大丈夫の志気」を有していると評せられるほど,求道心が厚かったらしい。然に示された道元の真筆とされる法語が,静岡県袋井市の可睡斎に伝えられている。また,現在の鳥取県倉吉市を出身地とする伝承が古くからあり,一族の後裔と称する同市の明里家にも関係資料が残されている。<参考文献>『永平広録』『建撕記』,曹洞宗尼僧史編纂会編『曹洞宗尼僧史』

(牛山佳幸)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「了然」の解説

りょう‐ぜん レウ‥【了然】

〘形動タリ〙 はっきりとよくわかるさま。判然。
※授業編(1783)六「行文の語勢を合点すれば了然(レウセン)たり」 〔白居易‐睡起晏坐詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android