情偽(読み)ジョウギ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐ぎ〔ジヤウ‐〕【情偽】

まことと、いつわり。
「またよしやその間に―があるとしても」〈鴎外・最後の一句〉
ありのままのようす。
「人間日常の―をして読者の心胸に了然としてまた事実に相違せる考思なからしむるにあり」〈逍遥小説神髄

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android