コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

事件の核心

2件 の用語解説(事件の核心の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

事件の核心

英国の作家グレアム・グリーン長編小説(1948)。原題《The Heart of the Matter》。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

事件の核心
じけんのかくしん
The Heart of the Matter

イギリスの作家グレアム・グリーンの長編小説。1948年刊。第二次世界大戦中のイギリス領西アフリカ植民地が舞台。良心的な警察副署長スコービーは他人の不幸に耐えられない心情の持ち主。撃沈された汽船から救出された若い娘ヘレンと妻との板挟みとなり、汚職と偽善に落ち込み、自らの罪ゆえに神をも傷つけている事態を悔い自殺する。神を信ずる人間の悲劇が活写されている。[海老根宏]
『伊藤整訳『事件の核心』(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事件の核心の関連キーワード権力と栄光名誉領事密使内なる私叔母との旅喜劇役者キホーテ神父ここは戦場だスタンブール特急第十の男

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

事件の核心の関連情報