事件の核心

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

事件の核心
じけんのかくしん
The Heart of the Matter

イギリスの作家グレアム・グリーンの長編小説。1948年刊。第二次世界大戦中のイギリス領西アフリカ植民地が舞台。良心的な警察副署長スコービーは他人の不幸に耐えられない心情の持ち主。撃沈された汽船から救出された若い娘ヘレンと妻との板挟みとなり、汚職と偽善に落ち込み、自らの罪ゆえに神をも傷つけている事態を悔い自殺する。神を信ずる人間の悲劇が活写されている。[海老根宏]
『伊藤整訳『事件の核心』(新潮文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

事件の核心の関連情報