コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二出川延明 ニデガワノブアキ

デジタル大辞泉の解説

にでがわ‐のぶあき〔ニでがは‐〕【二出川延明】

[1901~1989]プロ野球審判員。兵庫の生まれ。昭和9年(1934)メジャーリーグ選抜チーム来日の際、全日本の選手に選出されるが、同11年より審判員に転身。同25年、2リーグ分立後はパリーグに所属し、同35年からは審判部長。判定への抗議を「おれがルールブックだ」と退けたという逸話がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

二出川延明 にでがわ-のぶあき

1901-1989 昭和時代のプロ野球審判員。
明治34年8月31日生まれ。高千穂ひづるの父。昭和10年東京巨人軍選手として渡米。翌年退団して日本野球連盟審判員となる。2リーグ分裂後はパリーグに所属,35年審判部長。45年野球殿堂入りした。平成元年10月16日死去。88歳。兵庫県出身。明大卒。
【格言など】おれがルールブックだ(判定に抗議する三原脩西鉄監督にいったことば)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

二出川延明の関連キーワード高千穂ひづる8月31日

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二出川延明の関連情報