コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二化螟蛾 ニカメイガ

デジタル大辞泉の解説

にか‐めいが〔ニクワ‐〕【二化××蛾】

メイガ科の昆虫。翅(はね)が黄褐色または灰褐色のガで、初夏晩夏の年2回発生するが、北海道・東北では年1回、沖縄では年4回発生する。夜行性幼虫は稲のほかアワ・トウモロコシなどの茎に食い入る大害虫。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にかめいが【二化螟蛾】

小形の蛾。前ばねの長さ10~15ミリメートル。前ばねは黄褐色または暗褐色、後ろばねは白色。幼虫はニカメイチュウまたはズイムシと呼ばれ、イネの茎内を食害する害虫。成虫は、田植え期と八、九月の二回発生する。日本全土のほか、アジア・ヨーロッパに広く分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

二化螟蛾 (ニカメイガ)

学名:Chilo suppressalis
動物。メイガ科のガ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

二化螟蛾の関連キーワードニカメイチュウズイムシ暗褐色ばね

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android