コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二十六世紀事件 にじゅうろくせいきじけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二十六世紀事件
にじゅうろくせいきじけん

雑誌『二十六世紀』が 1896年に受けた発行禁止事件をいう。『二十六世紀』は,『大阪朝日新聞』の客員で政教社の有力メンバーであった高橋健三が,94年2月に創刊。誌名は西暦を廃して皇紀によるというナショナリズムの表明。 21号 (1896.6.発行) に,土方宮内大臣と伊藤首相による華族濫造を痛烈に批判した論文 (無署名であるが筆者は福本日南といわれる) が掲載され,ただちに発行停止となった。ところが続く 22号 (96.10.発行) 所載の『宮内大臣』という論文が,前の論文以上に痛烈な土方批判であったので,11月に発行禁止処分となった。しかしこの事件を契機に,新聞紙条例から発行禁止や停止を除く改正が実現した (97) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

二十六世紀事件の関連キーワード深刻小説たけくらべヴィーダーウェルニヒ金弘集ゴーブル杉田文三セヴォス立花銑三郎樋口一葉

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone