コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二木/似卜 ニボク

デジタル大辞泉の解説

に‐ぼく【二木/似×卜】

江戸前期、京都で酌婦と娼婦とを兼ねた茶屋女。
「胡桃(くるみ)屋の―がやりくりを見習ひ」〈浮・一代女・五〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例