コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二条師嗣 にじょう もろつぐ

2件 の用語解説(二条師嗣の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

二条師嗣 にじょう-もろつぐ

1356-1400 南北朝-室町時代の公卿(くぎょう),歌人。
延文元=正平(しょうへい)11年生まれ。二条良基(よしもと)の次男。右大臣,左大臣をへて,康暦(こうりゃく)元=天授5年,嘉慶(かきょう)2=元中5年,応永5年と3度にわたり関白をつとめた。従一位。応永6年出家,法名は円誉。「永和百首」の作者で,「関白師嗣百首和歌」がのこる。「新後拾遺和歌集」などにもおさめられている。応永7年11月22日死去。45歳。号は後香園院。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

二条師嗣

没年:応永7.11.22(1400.12.8)
生年:延文1/正平11(1356)
南北朝末・室町時代初期の公家。二条良基の次男。母は土岐春日入道の娘。応安1/正平23(1368)年従三位,永和1/天授1(1375)年右大臣,永和4/天授4年左大臣,翌年関白となり,永徳2/弘和2(1382)年これを辞す。父良基以来,足利義満とのつながりが深く,応永5(1398)年3度目の関白就任は,義満に執奏を請い還補されたものであった。ところが翌年,興福寺金堂供養で義満に従った際,馬副を召し連れなかったことから,義満の機嫌を損ない出家。師嗣が出家理由の返書を,上皇に準ずる様式で義満に送ったことは,義満を上皇に相当する地位として認めるきっかけとなった。<参考文献>今谷明『室町の王権』

(湯川敏治)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

二条師嗣の関連キーワード新後拾遺和歌集愚問賢注五条良量近衛兼嗣重阿信永道意(2)二条師良利阿良阿

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone