コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二条為道 にじょう ためみち

美術人名辞典の解説

二条為道

鎌倉後期の歌人。権大納言二条為世の子、為藤・為冬の兄。正四位下、左中将に至る。為道は為通とも書く。『新後撰集』以下の勅撰集に六十六首選入されている。正安元年(1299)歿、29才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

二条為道 にじょう-ためみち

1271-1299 鎌倉時代の公家,歌人。
文永8年生まれ。二条為世の子。正四位下,左近衛権(ごんの)中将。正応-永仁(えいにん)年間(1288-99)に後宇多上皇,伏見上皇の宮廷歌会にたびたび参加。歌は「新後撰和歌集」などの勅撰集に六十余首ある。宴曲「名取河恋」の作者といわれる。正安(しょうあん)元年5月5日死去。29歳。名は為通ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

二条為道の関連キーワード二条為定鎌倉時代

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android