コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二条為道 にじょう ためみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

二条為道 にじょう-ためみち

1271-1299 鎌倉時代の公家,歌人。
文永8年生まれ。二条為世の子。正四位下,左近衛権(ごんの)中将。正応-永仁(えいにん)年間(1288-99)に後宇多上皇,伏見上皇の宮廷歌会にたびたび参加。歌は「新後撰和歌集」などの勅撰集に六十余首ある。宴曲「名取河恋」の作者といわれる。正安(しょうあん)元年5月5日死去。29歳。名は為通ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

二条為道の関連キーワード二条為定鎌倉時代

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android