コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二条資季 にじょう すけすえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

二条資季 にじょう-すけすえ

1207-1289 鎌倉時代の公卿(くぎょう),歌人。
承元(じょうげん)元年生まれ。藤原資家の長男。蔵人頭(くろうどのとう)などをへて,暦仁(りゃくにん)元年参議となる。のち正二位,権(ごんの)大納言。歌は「玉葉和歌集」「新続古今和歌集」などに収録されている。正応(しょうおう)2年1月22日死去。83歳。法名は了心。日記に「荒涼記」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

二条資季の関連キーワード藤原資季(2)弘安礼節鎌倉時代承元公卿

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android