コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二条通 にじょうどおり

世界大百科事典内の二条通の言及

【平安京】より

…このころになると,東河といわれた鴨川の東,白河の地に市街地が形成され,〈京・白河〉の称が生まれる一方,鴨川(原)を朱雀川(原),東京極路(とくに二条以北)を東朱雀路と呼ぶこともあった。他方,市街地の北と南の区別が二条通(大内裏南辺の東西路)を境にしてなされ,上辺(かみわたり),下辺(しもわたり)の称も生まれた。のちの上京,下京である。…

※「二条通」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

二条通の関連キーワード元離宮二条城築城400年記念 展示・収蔵館旧二条離宮〈二条城〉京都府京都市下京区京都府京都市上京区山本春正(5代)井筒クラヤ三星堂川西・河西木屋町通り高瀬梅盛諸司厨町上京文書井口常憲室町通キセル二条城川西二条上京

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二条通の関連情報