コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二程全書 ニテイゼンショ

世界大百科事典 第2版の解説

にていぜんしょ【二程全書 Èr Chéng quán shū】

中国,北宋時代の思想家程顥(ていこう)(明道)・程頤(ていい)(伊川)兄弟,すなわち二程子全集朱熹(しゆき)(子)が編纂した《程氏遺書》(二程の語録集),《外書》(語録補遺)に,《明道文集》《伊川文集》《伊川易伝》《経説》《粋言》を合刻して刊行したもの。明代以来,数種の刊本が出されたが,清の呂留良(晩村)のものが最良といわれる。和刻本は明の徐必達刊本を翻刻したものだが,日本ではほかに,二程子の言葉を部門別に再編成した,明の唐伯元《二程類語》がよく読まれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

にていぜんしょ【二程全書】

宋の程顥・程頤兄弟の語録・詩文の全集。六八巻。1606年に徐必達が合刻した。朱熹しゆき編「二程遺書」「二程外書」、楊時編「二程粋言」、程頤「易伝」「経説」、胡安国編「明道文集」「伊川文集」などからなる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

二程全書の関連キーワード詩文

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android