コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二程全書 ニテイゼンショ

世界大百科事典 第2版の解説

にていぜんしょ【二程全書 Èr Chéng quán shū】

中国,北宋時代の思想家程顥(ていこう)(明道)・程頤(ていい)(伊川)兄弟,すなわち二程子全集朱熹(しゆき)(子)が編纂した《程氏遺書》(二程の語録集),《外書》(語録補遺)に,《明道文集》《伊川文集》《伊川易伝》《経説》《粋言》を合刻して刊行したもの。明代以来,数種の刊本が出されたが,清の呂留良(晩村)のものが最良といわれる。和刻本は明の徐必達刊本を翻刻したものだが,日本ではほかに,二程子の言葉を部門別に再編成した,明の唐伯元《二程類語》がよく読まれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

にていぜんしょ【二程全書】

宋の程顥・程頤兄弟の語録・詩文の全集。六八巻。1606年に徐必達が合刻した。朱熹しゆき編「二程遺書」「二程外書」、楊時編「二程粋言」、程頤「易伝」「経説」、胡安国編「明道文集」「伊川文集」などからなる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

二程全書の関連キーワード詩文

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android