二酉(読み)にゆう

精選版 日本国語大辞典「二酉」の解説

に‐ゆう ‥イウ【二酉】

〘名〙 (昔、中国で、始皇帝の焚書坑儒をのがれた人が、湖南省沅陵県の西北にある大酉・小酉の二山の石窟に隠れて書物を蔵したとされるところから) 書籍を多く蔵する所。〔郡国志

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「二酉」の解説

に‐ゆう〔‐イウ〕【二×酉】

《中国の大酉だいゆう・小酉という二つの山の石窟から千巻の古書が出てきたという故事から》蔵書の多いこと。また、それを収めた所。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「二酉」の解説

【二酉】にゆう

蔵書。大酉・小酉の二山の石穴に古書を蔵した。

字通「二」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android