コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二酉 ニユウ

デジタル大辞泉の解説

に‐ゆう〔‐イウ〕【二×酉】

《中国の大酉(だいゆう)・小酉という二つの山の石窟から千巻の古書が出てきたという故事から》蔵書の多いこと。また、それを収めた所。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にゆう【二酉】

◇ 中国、湖南省阮陵県の北西にある大酉・小酉の二山。
の二山に焚書坑儒を逃れて書物千巻を隠したという故事から〕 蔵書の多いこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

二酉の関連キーワード焚書坑儒

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android