(読み)ふた

精選版 日本国語大辞典「二」の解説

ふた【二】

[1] 〘名〙 物の数を、声に出して順に唱えながらえるときの二。たつ。ふう。ふ。
※年中行事秘抄(12C末)鎮魂祭歌「一(ひと)(フタ)(み)(よ)(いつ)(むに)(なな)(や)(ここの)(たりや)
[2] 〘素〙
二つ。名詞・助数詞の前に直接付けて用いる。聞き違いを防ぐために漢語の「二(に)」の代わりに用いることもある。「二皿(ふたさら)」「二棟(ふたむね)」「二重(ふたえ)」「一〇二円(ひゃくふたえん)
※後撰(951‐953頃)夏・一七八「玉匣あけつるほどのほととぎすただふたこゑもなきてこし哉〈よみ人しらず〉」
動詞の前に付けて、動作が二回行なわれることや動作者が二人(二つ)あることを表わす。
※古事記(712)上・歌謡「み谷 布多(フタ)渡らす 阿治志貴 高日子根の神そ」
③ 「ふたの(二幅)②」の略。
※浮世草子・西鶴置土産(1693)五「おなじくは女の為なるさし櫛。ひぢりめんのふたをして」

ふう【二】

〘名〙 (「ふ(二)」の変化した語) 物の数を、声に出して順に唱えながら数えるときの二。ふた。
※俳諧・西鶴五百韻(1679)何鞠「君か代は長の数よむひいふうみい〈西鶴〉 たはね木をつむ高き屋の内〈西吟〉」

ふ【二】

〘名〙 (「ふた(二)」の変化した語) 物の数を、声に出して唱えながら数えるときの二。ふう。〔名語記(1275)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「二」の解説

に【二】[漢字項目]

[音](呉) ジ(漢) [訓]ふた ふたつ
学習漢字]1年
〈ニ〉
数の名。ふたつ。「二回・二箇月/無二
二番目。次の。「二階二月二世二等
二回。ふたたび。「二食二伸二毛作
二つに分かれる。違っている。「二言二心
〈ジ〉ふたつ。「不二二心
〈ふた〉「二重二言
[名のり]かず・すすむ・つぎ・つぐ・ふ
難読二合半こなから十重二十重とえはたえ二十はたち二十歳はたち二十日はつか二十ふたそじ二幅ふたの二布ふたの二人ふたり二日ふつか

に【二/弐】

数の名。1の次、3の前の数。ふた。ふたつ。「1プラス1は—」
2番目。第2。つぎ。あと。「—の句」
三味線で、二の糸
(弐)大宰府次官。大弐・少弐がある。
[補説]「弐」は金銭証書などで、間違いを防ぐために「二」の代わりに用いることがある。
[類語]じゅうゼロ一つ二つ三つ四つ五つ六つ七つ八つ九つとお

ふた【二】

に。ふたつ。数値を読み上げるときなどに、の数を間違いなく伝えるために用いる。「円なり」
に。ふたつ。名詞または動詞の連用形の上に付いて、複合語として用いる。「親」「包み」

ふ【二】

に。ふたつ。声に出して数をかぞえるときにいう語。ふう。「ひ、、み、よ」

アル【二】

《〈中国語〉》数の2。二つ。

じ【二】[漢字項目]

ふう【二】

」の音変化。「ひい、、みい」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android