コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アル

11件 の用語解説(二の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アル【二】

《〈中国語〉》数の2。二つ。

じ【二】[漢字項目]

に【二/弐】

数の名。1の次、3の前の数。ふた。ふたつ。「1プラス1は―」
2番目。第2。つぎ。あと。「―の句」
三味線で、二の糸
(弐)大宰府の次官。大弐・少弐がある。
[補説]「弐」は金銭証書などで、間違いを防ぐために「二」の代わりに用いることがある。

に【二】[漢字項目]

[音](呉) ジ(漢) [訓]ふた ふたつ
学習漢字]1年
〈ニ〉
数の名。ふたつ。「二回・二箇月/無二
二番目。次の。「二階二月二世二等
二回。ふたたび。「二食二伸二毛作
二つに分かれる。違っている。「二言二心
〈ジ〉ふたつ。「不二二心
〈ふた〉「二重二言
[名のり]かず・すすむ・つぎ・つぐ・ふ
[難読]二合半(こなから)十重二十重(とえはたえ)二十(はたち)二十歳(はたち)二十日(はつか)二十(ふたそじ)二幅(ふたの)二布(ふたの)二人(ふたり)二日(ふつか)

ふ【二】

に。ふたつ。声に出して数をかぞえるときにいう語。ふう。「ひ、、み、よ」

ふう【二】

」の音変化。「ひい、、みい」

ふた【二】

に。ふたつ。数値を読み上げるときなどに、二(に)の数を間違いなく伝えるために用いる。「円なり」
に。ふたつ。名詞または動詞の連用形の上に付いて、複合語として用いる。「親」「包み」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

アル【二】

〔中国語〕
ふたつ。に。

ふ【二】

に。ふたつ。数をかぞえる時に用いる。 「ひ、-、み」

ふう【二】

「ふ(二)」の長音化した語。に。ふたつ。 「ひい、-、みい」

ふた【二】

に。ふたつ。名詞または動詞の上に付けて複合語を作る。 「 -親」 「 -心」 「淡路島いや-並び/日本書紀 応神

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

二の関連情報