コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アル

デジタル大辞泉の解説

アル【二】

《〈中国語〉》数の2。二つ

じ【二】[漢字項目]

に【二/弐】

数の名。1の次、3の前の数。ふた。ふたつ。「1プラス1は―」
2番目。第2。つぎ。あと。「―の句」
三味線で、二の糸
(弐)大宰府次官大弐少弐がある。
[補説]「弐」は金銭証書などで、間違いを防ぐために「二」の代わりに用いることがある。

に【二】[漢字項目]

[音](呉) ジ(漢) [訓]ふた ふたつ
学習漢字]1年
〈ニ〉
数の名。ふたつ。「二回・二箇月/無二
二番目。次の。「二階二月二世二等
二回。ふたたび。「二食二伸二毛作
二つに分かれる。違っている。「二言二心
〈ジ〉ふたつ。「不二二心
〈ふた〉「二重二言
[名のり]かず・すすむ・つぎ・つぐ・ふ
[難読]二合半(こなから)十重二十重(とえはたえ)二十(はたち)二十歳(はたち)二十日(はつか)二十(ふたそじ)二幅(ふたの)二布(ふたの)二人(ふたり)二日(ふつか)

ふ【二】

に。ふたつ。声に出して数をかぞえるときにいう語。ふう。「ひ、、み、よ」

ふう【二】

」の音変化。「ひい、、みい」

ふた【二】

に。ふたつ。数値を読み上げるときなどに、二(に)の数を間違いなく伝えるために用いる。「円なり」
に。ふたつ。名詞または動詞の連用形の上に付いて、複合語として用いる。「親」「包み」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

アル【二】

〔中国語〕
ふたつ。に。

ふ【二】

に。ふたつ。数をかぞえる時に用いる。 「ひ、-、み」

ふう【二】

「ふ(二)」の長音化した語。に。ふたつ。 「ひい、-、みい」

ふた【二】

に。ふたつ。名詞または動詞の上に付けて複合語を作る。 「 -親」 「 -心」 「淡路島いや-並び/日本書紀 応神

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

二の関連キーワード第二東海自動車道・近畿自動車道青森県西津軽郡深浦町松神ジスルフィド北二十二条西ダブルサッシデモステネス一限/一限目セカンダリー十重二十重ドデカゴンバイセプス弦楽五重奏『三国志』いなのめの日本書紀ダブルス二部合唱持て上ぐ思ひ過ぐ二度三度

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二の関連情報